アスピレイション株式会社

BLOGブログ

【新年のご挨拶】 代表取締役 石塚宏一

2022.01.07

新年明けましておめでとうございます。

アスピレイション株式会社代表の石塚宏一です。

 

昨年は様々なお客様からの要請を受け、最先端の技術紹介、新しいサービスの提供を行いました。また、防衛省からのサイバーセキュリティ調査研究の受注をいただくなど、多くの方々とお仕事をさせていただき、誠に感謝しております。

 

2021年は新型コロナウイルスの流行が引き続き大きな影響を及ぼし、私達の生活やビジネスに変革をもたらす年となりました。ビジネスにおいてはDXが重要なキーワードとなり、テレワーク推進と共に根本的なデジタル構造改革に多くの企業が取り組んでいます。一方、DXが進めば進むほど、サイバー上の脅威も高まってきます。昨年は日本企業においても非常に多くのサイバー攻撃の被害や思わぬ事故による情報漏えい等の報道がなされました。世界に目を向ければ、サイバーセキュリティ先進国と言われているアメリカでも、石油パイプラインという重要インフラへの大規模なサイバー攻撃が行われるなど、国家安全保障に関わる被害も発生しました。

 

そして2022年、世界情勢は益々緊張を増しており、フィジカルだけではなくサイバー上の防衛能力の重要性が以前にも増して高まっています。日々進化を続けるサイバー攻撃の技術に対応するためには、同様に最先端の防御技術を導入し、「攻撃を受けないための抑止力」を保持することが重要です。

 

そのために必要なことは、まず自身に関わるセキュリティ上の脅威を正確に把握すること、すなわちリスクアセスメントです。それは従来のいわゆる内部のITシステムのセキュリティ診断だけではなく、ハッカーの視点を持ち、攻撃のためのオープンソースの情報等を用いた外部からの情報収集や、ダークウェブを含むオンラインでの脅威情報の検知などを含んだ包括的なアセスメントを行うことが重要だと考えています。

 

アスピレイションでは上記のようなOSINTOpen-Source Intelligence)を用いた、ハッカー視点でのリスク調査やダークウェブ上での脅威検知を含めたリスクアセスメントサービス、また、それらの知見を用いたセキュリティに関する総合的コンサルティングサービスを展開します。また、重要インフラの防御については、イスラエル国有企業であり世界最先端の技術を有するRafael社のセキュリティ技術を駆使し、強力なセキュリティサービスを提供して参ります。

 

本年も世界最先端の技術と知見をもって、日本のセキュリティの向上に貢献して参る所存でございますので、皆様何卒よろしくお願いいたします。

PAGE TOPPAGE TOP