アスピレイション株式会社

SDGsに関する取り組み「シングルマザーのキャリア支援プログラム」について(中間報告vol.1)

2019.11.01.Fri

アスピレイションに入社して4ヶ月が経ちます。入社当時は何をすれば良いのか、何を覚えていけば良いのか、サイバーセキュリティに関する知識もなく、パニック状態であたふたしていました。


日々勉強とは良く聞きますが、本当にそうなんだと感じています。毎日セキュリティに関する記事、ドローンに関する情報、日本はもちろん海外での出来事をクリッピングし、共有して知識を高めています。


また、さまざまなチャレンジをさせていただいています。


パソコンスキルの向上に取り組み、社内の業務フローの整理をし、効率性なども考えて、業務アプリケーションの導入とセットアップに今取り組んでいます。年末年始で営業サイドの仕事も忙しくなってきますので、バックオフィスの体制強化に向けて整備中です。


日々、周りのサポートでは何が必要か?常に目を見張るようになったのですが、そうすると自分の不甲斐なさも感じ、また頑張らないとと思うこともしばしばあります。


目標設定と成果の振り返りの毎日で、1日が本当に早く感じます。


もっと知りたい、もっと役に立ちたい、もっと知って欲しい。もっともっとが多いのですが、毎日が充実しています。


最近では被害総額4億円のネットバンキング不正送金、関空周辺でドローンらしき物体を確認し40分間の離着陸停止など身近なところにセキュリティ強化が必要とされています。


日本を子ども達を世界を守るためにも今出来る事から始めるべきだと思います。


私はまだまだ未熟ではありますが、もっと情報感度を上げて、スタッフを支援する事で日本のサイバーセキュリティ強化に貢献出来るように努めていきたいと思います。


また私が受けているキャリア開発プログラムSDGsの具体的な取り組みとして社会に還元していけるようにバックオフィスで日々邁進していきたいと思います。


■矢野 博子
高校卒業後、ホテルから居酒屋まで様々なサービス業界での経験を経て、2003年からは万葉の湯で「足流療術師」として勤務。2007年から2019年6月まで不動産会社でバックオフィスとしてパート勤務。2019年7月からアスピレイションの「シングルマザーのキャリア支援プログラム」第一号として参画。50歳。シングルマザーとして発達障害の子供を養っている。


NEWS

PAGE TOP