アスピレイション株式会社

NEWSニュース

サイバートラストとアスピレイション、深層ウェブやダークウェブのリサーチ技術を活用したサイバーセキュリティ経営診断サービスを提供開始

2020.03.05
組織のセキュリティ体制監査やサイバーセキュリティ診断とコンサルティングサービスにより
企業の事業継続と組織のセキュリティマネジメント体制の強化を支援


アスピレイション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:石塚 宏一 以下、アスピレイション)とサイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄 泰利 以下、サイバートラスト)は、最先端技術を用いた企業向けサイバーセキュリティソリューション、およびセキュリティ診断サービスに関して協業し、サイバーセキュリティ対策の観点から企業の事業継続を支援する「サイバーセキュリティ経営診断サービス」を両社より提供開始することを発表します。

アスピレイションは、イスラエル国有の防衛・セキュリティ企業複数の国内代理店として日本企業や公的機関に向けて、セキュリティ診断やフィッシングサイト対策、AIを活用した多要素認証サービスなど最先端のサイバーセキュリティサービスを提供しています。
サイバートラストは、WebTrustなどのセキュリティに関する厳しい監査基準の審査に合格し、商用電子認証局の運用で培った実績と情報セキュリティの知見を活用して、情報セキュリティコンサルティングサービスや脆弱性診断サービスを提供しています。

昨今、サイバー攻撃の⼿法は年々進化しており、企業や公的機関をターゲットとしたサイバー攻撃の脅威が増々高まってくると予想されています。企業における個人情報漏洩やサイバー攻撃の被害は、直接的な損害のみでなくさまざまなステークホルダーへ影響が及び企業存続に関わり、サイバーセキュリティは経営層が最重視すべき経営課題といえます。
アスピレイションとサイバートラストは、サイバートラストがもつ情報セキュリティコンサルティングサービスや脆弱性診断サービスと、アスピレイションの保有するイスラエル国防レベルの技術と診断視点を用いた最先端のソリューションを組み合わせた「サイバーセキュリティ経営診断サービス」を3月5日より提供開始します。本サービスにより、企業のサイバーセキュリティ対策と組織のセキュリティマネジメント体制の強化・透明性確保を実現し、事業継続性の向上を支援します


<各社の役割>

アスピレイション
● 組織全体のサイバーセキュリティシステムおよびセキュリティ運用体制における診断サービスと最適なセキュリティ体制構築に向けた改善プランのご提案
● 第三者機関としてのセキュリティ体制監査、GDPRなどグローバル基準の個人情報保護体制に準拠した情報管理監査など、経営層へ向けた各種監査レポートの提供
● 通常検索では到達不能な深層ウェブやダークウェブのリサーチを行い、サイバー攻撃の予兆となる情報を検知する脅威インテリジェンスサービス
● 企業およびブランド価値へ重大な影響を及ぼす、インターネット上でのブランド名やロゴの不正利用、フィッシングサイト(偽サイト)の検知&削除サービス

サイバートラスト
● 情報セキュリティコンサルティングサービスの提供
● 脆弱性診断サービスの実施
● 診断レポートの提供と検出された問題への最適な対策の提案



■サイバートラスト株式会社について
サイバートラストは、日本初の商用電子認証局として 20 年以上にわたり提供している認証・セキュリティサービスと、ミラクル・リナックスのカーネル技術やオープンソースソフトウェア(OSS)の知見を応用したオンプレミス、クラウド、組込み領域向けのLinux/OSSサービスを展開しています。また、これらの技術や実績を組み合わせ、IoTをはじめとする先端分野に向けて、「ヒト・モノ・コト」の正しさを証明し、お客様のサービスの信頼性を支えるサービスを推進しています。
「信頼とともに」。サイバートラストは、ITインフラに関わる専門性・中立性の高い技術で、安心・安全な社会を実現します。



■本サービスに関するお問い合わせ先はこちら


* 本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

* 本サービスはサイバートラスト株式会社と共同で提供するサービスです。




PAGE TOPPAGE TOP